スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ぷっすまSP」と「センコロ」日記

(2008-09-30)
何気なくTVを付けたら「ぷっすま」のスペシャルがやっていたのですが、さまぁ~ずの大竹さんがゲストだったので急いで録画をセット。

CIMG1102.jpg
さまぁ~ず2人ではなく、大竹さん1人がゲストに出るのって何気に珍しい気がします。
こういうピンの仕事もしているんですね。最近のダチョウ倶楽部と同じスタンスかな。
ぷっすま」のスタッフ自体は大竹さんの笑いと波長は合っているのでしょうが、もう1人のゲストがオセロの松嶋さんだったのは失敗だったような……。(仲がいいのは知っていますが)
松嶋さんって微妙な天然キャラだし、もっと大竹さんに乗っていける人かきちんとツッコめる人がよかった。

とはいえ、大竹さんの出番は前半で終わり。
後半は総集編とか。

CIMG1105.jpg
お絵かきネタは鉄板。

CIMG1108.jpg
強さのみを求めた悲しいピカチュウ。

CIMG1107.jpg




360版「旋光の輪舞」。
チマチマとプレイしています。

最初は「STG×FTG」というジャンルに慣れずにストレスも溜まったのですが、機体の動かし方がわかり、操作に慣れてくると俄然とと面白くなりました。
「B.O.S.S.」モード発動を発動したときの爽快感、そして逆に発動されたときの緊張感も溜まりません。

CIMG1115.jpg


マイキャラは櫻子さん。

CIMG1110.jpg


上級者向けのキャラクターらしいですが、“過去を持った陰のある女性”という部分に惹かれてあえて使っています。(あとは単純に唯一の日本人キャラだから)
軍人時代から同じ機体を使っているという設定のために、対戦が始まるたびに「オンボロ機体」「アンティーク趣味」「などとバカにされますが、「試してみる?」と軽くあしらうところも好きです。
相棒への信頼が彼女が踏んできた場数を表現していて、もう溜まりません。

CIMG1111.jpg
この余裕が好きすぎます。

CIMG1112.jpg
アイキャッチのメガネを外した姿が凛々しいっす。


搭乗機体の「トライアド」は“試作機”という言葉が似合うような初期型。
デザイン的には1番シンプルですね。
CIMG1117.jpg
エヴァの零号機っぽくもアリ。


しかし、ラスボスが強すぎていまだにエンディングが見れなかったり。
「very easy」でも勝てる気がしないのは、さすがに……。

CIMG1122.jpg


「DOA4」のラスボスときもそうでしたが、360はとことんゲーマー向けのゲーム機ですよね。
「エンディングが見たかったら、きちんとプレイヤースキルを磨きやがれ!」みたいな。
まぁ、ごもっともなんですけどね。はい。


旋光の輪舞 Rev.X Xbox 360 プラチナコレクション旋光の輪舞 Rev.X Xbox 360 プラチナコレクション
(2008/03/06)
Xbox 360

商品詳細を見る

tag : さまぁ~ず ぷっすま 旋光の輪舞 センコロ



コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最近のコメント
ブログ内検索
Twitter
QRコード
QRコード
最新トラックバック
RSSリンクの表示
応援スペース


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

『STARLESS』2011年5月27日に発売予定!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。