スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニャンゴロー……

(2008-05-25)
14674515_2741642461.jpg


てなわけで、『空の境界』第4章の感想を軽く。
1つの作品として、きちんとお話内に起承転結を作っていましたが、原作における第4章がそもそもが繋ぎのストーリーなので、やはり映画1本分の作品にするには限界があったかな。
前半は式の精神世界で尺を伸ばしていましたし。(エヴァ風でした)

以下、雑感。
・式が目を潰そうとするシーンは、音だけなのでそれほどグロくなかった
・ゾンビとの戦いはバイオハザード。怖い。
・橙子さんが割と活躍。呪文も詠唱しちゃったり。
・音楽は今回も文句無しに満点。
・↑上に合わせて、幹也のハミングから梶原さんのバトルサウンドに移行する演出で鳥肌
・ていうか梶原さんサイコー
・ストーリーの時間軸上、最後は荒耶宗蓮が霧絵、ふじのん、白純里緒に能力を与えるシーン。3人にはセリフもあってエンディングクレジットには声優名も。2言しか喋ってないのに輝く能登麻美子の文字。
↑荒耶にぶつかったふじのんが、そのままくっついて可愛かった。
・予告は色々ネタバレシーンも。○○が○○しちゃうところとか。
・最後は白純里緒役のホッシーさんの絶叫で〆。もろに圭一でした。ホッシーさんはこういう役が上手いなぁ。
↑でも、こんなこと言いつつもしかしたら、臙条巴役の柿原さんの叫びだったかもしれません。第五章だし。間違ってたらごめんなさい。


てなわけで、今回は可もなく不可もなく。
まぁ、今まで通り絵は綺麗だし音楽も幻想的でかっこいいので、劇場で観たほうがお得かも。
んで、次は夏公開の第五章ですね。
自分的には、同人版の小説を読んだときのことが未だに忘れられないぐらい衝撃的なストーリーだったりします。
てか、坂本真綾さんも舞台挨拶で第五章はすごいと言っていました。
どうやって映像化してくるか今から楽しみ!

tag : 空の境界



コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最近のコメント
ブログ内検索
Twitter
QRコード
QRコード
最新トラックバック
RSSリンクの表示
応援スペース


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

『STARLESS』2011年5月27日に発売予定!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。