スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【読書感想文】工作少年の日々

(2013-04-06)
kousaku.jpg


大学の工学部助教授であり、人気ミステリー作家でもある森博嗣さんによるエッセイ集で、小説「すばる」で連載されていたものをまとめたもの。(ちなみに現在は大学を退職されています)
模型や工作の話を中心にテーマフリーで書かれたエッセイですが、かなり軽い文体で書かれているので驚きました。
ブログを本にした「MORI LOG ACADEMY」や音楽を題材にしたエッセイ「DOG&DOLL」、学生とのQ&Aを収録した「臨機応答・変問自在」などとはかなり違うので戸惑う人も多いかと思われます。
どちらかというと「すべてがEになる」からはじまる初期の日記シリーズや「工学部・水柿助教授の日常」に近いですね。厳密に言うと「水柿助教授」シリーズはエッセイではなく小説ですが……。
これらを読んでない人は「本当に森博の文章なのか?」と驚いてしまうのではないでしょうか。

内容は奥さんのスバル氏と一緒に洗濯機やミシンを直した話や頑固な模型屋さんとの緊張感あるやり取りなど、初下ろしとなる話が満載で楽しかったです。
また、幼き日の思い出を綴った描写も多くて面白かったですね。
建築の設計者である父親が1度だけ製図版を使って紙の電車を作ってくれた話や母親がはじめてペンチを買ってくれた日のことなど。


とはいえ心温まるエピソードだけでなく、仕事に対しての姿勢などを鋭利な文章で書かれているところもあり、やはり森さんのエッセイだなぁと気付かされます。
例えば、「忙しさとは」というテーマでは

“忙しさというのは、結局のところ、「忙しく」見せかけて、「やりたくないこと」から自分を防御するための偽装にすぎないのでは、という気がしてならない。多くの忙しさは、自分で望んで設定した忙しさだったりする。もっと早くやっておけば良かった。ぎりぎりまでやらずにいたのは、忙しくしないとできないほどつまらないものなのか、あるいは、ぎりぎりにやった方が短期決戦になって好都合なのか、誰かがやると思って様子を見ていたけれど、予想どおり誰もやらなかったものなのか、いろいろケースはあるにせよ、どれも、自分で予想して招いた(あるいは育てた)忙しさなのである。現に、「来週から再来週にかけて、忙しくなるから」なんて口にしたりするではないか。忙しくなることが予想できているのだ。予想できている忙しさなら、事前に何か手を打って回避すればよさそうなものだが、それもしないところをみると、なんとか凌げる程度の、取るに足らない「小粒の忙しさ」であるということ。本当に、どうしようもない「ジャイアントな忙しさ」なんてものは、まずお目にかかったことがない”

という一文があり、耳が痛くなります(笑)。

大学で毎日講義や会議をしながらハイペースで小説を発表し、工作をはじめとした趣味にも時間を当てていた森さんに言われるととても説得力がありますね。
別のエッセイに「いつ小説を書いているのですか?」という問いに「あなたがTVを観ているときや寝ているときじゃないですか」と解答していることもあり、時間の使い方が上手いのだと思います。あとはマルチタスクをする能力ですかね。(例えば、わざとキリの悪いところで終わらせて、すぐに再開できるようにしているらしいです)
趣味の時間を作るために食事は1日1食にして、TVや新聞を観ない、ギャンブルやタバコもやらない生活習慣を作ったというのがスゴイですね。(仕事の休憩はため息を付くことぐらいだとか)
“ご飯を食べるよりも趣味に時間を当てたほうが楽しいから”と言われれば納得できますが、なかなかマネできることはない……。
ただ自分も生活に無駄が多いほうなので、もう少し上手くやりくりして有効活用しようと思いましたヨ。


コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最近のコメント
ブログ内検索
Twitter
QRコード
QRコード
最新トラックバック
RSSリンクの表示
応援スペース


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

『STARLESS』2011年5月27日に発売予定!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。