スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


車輪の国、向日葵の少女

(2009-05-21)
「車輪の国、向日葵の少女」を購入し、一気にクリアしました。
http://www.akabeesoft2.com/syarin/index.html

噂に違わぬクオリティで大満足。
“罪を犯した人間が刑務所に入れられたり死刑にあったりしない替わりに人権の1部が剥奪される”という世界観がよくできており、その世界観の中で繰り広げられる「時間」や「恋愛」を剥奪されたヒロインとの交流は、とても胸を打つものがありました。
また、その世界観を利用した巧妙なギミックが最終章で明かされる作りもお見事。
映画「シックス・センス」を観た時の様な“やられた”感。


ヒロインの中では圧倒的に灯花がお気に入り。
口癖の「ぶっ殺すぞ!」が可愛すぎます。
GW-00255.jpg



同じシナリオライターが手がける「G線上の魔王」もプレイしてみたくなりました。


コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最近のコメント
ブログ内検索
Twitter
QRコード
QRコード
最新トラックバック
RSSリンクの表示
応援スペース


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

『STARLESS』2011年5月27日に発売予定!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。