スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。」

(2008-06-09)
恐れ多くもマイミクさせてもらっている朱門優さん(propeller)の「ある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。」(←長い)を読了しました。

14674515_3913597562s.jpg



以下、若干ネタバレありの感想です。


朱門さんの作品ということで、いつヒロインたちが武器を持ち出して殺し合いをするのかとハラハラしながら読んでいたのですが、とりあえず全編ノスタルジックな優しい世界観だったのでホッと肩を撫で下ろしました(笑)。
氏のファンの方には、『いつか、届く、あの空に』の第一部の世界観といえば、わかりやすいかも。
いちことアネモイのやり取りも、第一部のみどのと此芽のやり取りに近しいものがありますしね。
具体的には箱庭的な世界で主人公の失われた記憶を探すストーリーがメインなのですが、キャラの掛け合いが中心なので読みやすいです。
掛け合い中心といってもプロットがしっかり作られているので、物語には確固たるテーマがあり、ストーリーにも起伏があります。
「ライトノベルなんて中身がないんじゃ……」と思っている人にもオススメできます。

また、個人的には、ラストがライトノベルにありがちな曖昧な終わり方ではなく、1つのストーリーとして完結していたのがよかったです。
総ページ数300ということで、1本の映画を観ているように楽しめました。


それにしても、朱門さんはヒロイン同士の絡みを描かせたら日本一だなぁと再認識しました(笑)。
ツンデレ系お嬢様いちことクール天然アネモイ、単体でもすごい萌えキャラなのに、双方が会話のキャッチボールを交わすことで、2人のキャラクターがよりいっそう生きてくるんですよね。
ここまでタッグを描くのが上手いのって朱門さんかゆでたまごぐらいだと思います。マジで(笑)。



てなわけで次は何を読みましょうか。
デカ夫さんも面白かったと言っていた「とある飛空士への追憶」にしようかな。
スポンサーサイト

tag : ある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。 朱門優



映画「ミスト」(ネタバレあり!)

(2008-06-08)
おしょうさんが日記で絶賛されていた「ミスト」を、専門学校時代からの友人クニウォと一緒に観賞しました。
確かにネタバレなしで見たほうが絶対おもしろい映画です。
以下、ネタバレありで感想を書きますので、未見の方はご注意を。





見終わった感想は、とにかく“お腹一杯”。
もちろんいい意味で。

おしょうさんの日記を受けて、なるべく事前の情報はシャットダウンしていたため、最初の20分ぐらいの印象はモロにB級パニック映画でした。
もう、これは笑いながら観るしかないとw
だって霧から巨大な触手が出てきて人間が吸い込まれちゃうんですもんww
(ちなみに、事前に知っていのは“霧に覆われて街から出られない”ことと“銃の達人のスーパー店員がかっこいい”ことぐらいでした。ちなみに後者はm-hiroさんの日記からw)
しかし、実際にはただ騒ぐだけのB級映画にはない、閉鎖空間における極限状態の人間たちの倫理感の崩壊や恐怖心から生まれる盲信がしっかり描かれていて、笑っていてなど見られなくなりました。
この映画で1番恐ろしいところは、クリーチャーに人間が殺されるところなどではなく、狂気にかられた人間たちが自分と同じ人間をクリーチャーの生贄にささげるところだと思います。
最初は狂言回しでしかない宗教家の女性が、2日目には教祖のように皆から祀り上げられる(&生贄として人間を殺すことに誰も戸惑いがなくなる)ところなど、人間の脆さが垣間見れてとても怖かったです。
「皆殺さナイン! 皆殺さナイン!!」でした……。(by零)
となりで映画を見た人は笑っていたけど、とても笑えるシーンではなかったと思います……。

とはいえ、B級パニック映画としてのお約束もしっかり抑えているところが、この映画の心憎いところだと思います。
クリーチャーを火であぶり殺そうとしたところ、滑って転んで自分が火ダルマになるところとかは、“あぁ、わかっているなぁ”と思いました。


ラストはちょっと予想が付いたとはいえ、なんともやり切れないオチ。
主人公にしろクリーチャーにしろ軍隊にしろ、もうちょっと間を考えてくれれば……(映画に言ってもしょうがないんだけど)
あんなに来て欲しくなかったクリーチャーが「カモーン! カモーン!!」と叫んだときに限って来ないなんて……(笑)。
(最初に家に戻ったおばさんと子供が助かっているあたり、主人公的にはさらにやり切れない度アップでしょうな)
小説版と映画版では結末が違うらしいですが、小説版はどんなオチなんでしょうね。
映画はこれ以上はないぐらいバッドエンドでしたが(笑)。


ちなみに、ラストのほうでモンスターハンターの「シェンガオレン」が出てきたのが面白かったです。でかすぎ!
ハンターだったらテンション上がるけど、一般人が出会ったら確かに「あーあ」ってなっちゃいますよね。(笑)。



てなわけで、色々な面白さが内包されたいい映画でした。(かまいたちの夜やひぐらしのなく頃にをバッドエンドだけ見せられたようなモヤモヤ感は残りますがw)
確かにこの映画の面白さがわかる人とはいい酒が飲めそう!(笑)

tag : ミスト



リンク
最近のコメント
ブログ内検索
Twitter
QRコード
QRコード
最新トラックバック
RSSリンクの表示
応援スペース


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

『STARLESS』2011年5月27日に発売予定!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。