スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おあずけヴァルキリー

(2011-03-30)
今日はジュンク堂目当てで池袋へ。
途中、駅構内からやけに「マクロス F in サンシャイン60展望台」をプッシュしていたので行ってみることにしました。

x2_53b777f.png

マクロスは全然知らないのですが、「原寸大ヴァルキリー」なるものがどれだけの迫力か見てみたかったんですよね。
……しかし、58階まで上がったところで衝撃の事実が!


x2_53b749f.jpg
屋上が閉鎖中でした。


しかたがないのでハンバーグで腹ごしらえをしたあと、当初の予定通りジュンク堂へ。

x2_53b8bb2.png


いくつか気になっていた本を購入して帰宅しました。


x2_53bd306.jpg
・探偵小説のためのインヴェンション 「金剋木」/古野 まほろ
・≠の殺人/石崎 幸二
・新・新本格もどき/霧舎 巧
・幻人ダンテ/三田 誠


とりあえず、あらすじから惹かれまくりの「≠の殺人」から読もう。
スポンサーサイト


募金にいったのですが……

(2011-03-26)
今日は渋谷のSHIBUYA BOXXという会場でランティス主催の東北地方太平洋沖地震の募金活動があったので行ってきました。
http://solidvox.jp/cgi-bin/information/index.cgi?no=476


ただ、個人的にすごいショックなことがありまして……。

会場についたときから声優イベントみたいに浮き足立つ人たちだらけで嫌な予感はしていたんですが。
いや、最初に行っておくと、声優さん目当てで募金にやってくるのはいいと思うんです。(僕だってミルキィホームズの4人が参加すると知ったのをきっかけに行ったわけですし)
むしろ、オタクのそういうパワーって大事だと思います。

……ただ目的は忘れて欲しくないなぁと。
というのも、ボクが募金の列に並んでいたとき、前にいる集団が「俺は別に募金には興味ないから!」とか「1円だけでもいいよな」とか大声で喋っていたんですよね。
さすがにそれはどうなのと。はき違えすぎじゃないのと。


結局、主催者側(声優)と有志(ファン)が同じ方向を向かなければ意味がないと思うんですよ。
声優本人しか見れないのはどうなのだろうと。ファンならその声優がどんな気持ちで募金を手伝っているのかぐらい考えられないのでしょうか。
別に「暗い表情をしていろ」と言いたいわけじゃないんですよ。明るいのはいいことだし笑顔だってみせていいと思うんです。それがポジティブに終始すれば。
ただ、不謹慎なのはやめろと。

まぁ、そういう無礼な人が目立ったというだけできちんとしていた人も大勢いましたし、募金自体もまとまった金額が集まったようでしたので、それはなによりでした。


とはいえ、ちょっとモヤモヤが収まらなかったので、またネイチャージモンのグルメ祭りに行って美味しいものを食べてしまいました。(せっかく渋谷に来たのだし)

仙台牛の燻製カツサンド。
x2_52e9b7a.png

サンドイッチにするのはもったいないだろうというぐらいジューシーな肉でした。肉汁あふれすぎ!(笑)


あと、おみやげ用のネギ焼きもぬかりなくゲット(笑)。
IMG_0309.jpg


これはいつ食べようかしらん。


今日もアキバ

(2011-01-02)
011.jpg
沢城みゆきちやらキタエリやらが声優陣がめっちゃ豪華な同人ゲー「紅魔城伝説II」(中身は悪魔城伝説のパロディ)と第2期flipSideの1stアルバム「infinite synthesis」。

012.jpg
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のBlu-rayとスフィアのライブBlu-ray(飛びだスフィア!)
破は通常版で2,000円ぐらい。また、3D対応テレビではないのでスフィアは飛び出ない。

013.jpg
気分は上々のDVD上下巻とゲームセンターCXのDVD7巻。有野課長はなぜかヨドバシで4,000円ぐらいで売っていました。(定価は8,150)
気分は上々はダウンタウンの幼馴染・高須さんと内村さんのアンチャンが構成やってたんですね。
そういえば高須さんのサイトでそんな話をみた覚えも。
しかし、上々みてると旅に行きたくなるから困る……ということを10何年ぶりに思い出しました。
長崎の旅、楽しそうです。
完全に「デッドオアアライブ エクストリーム2」で観た世界でした……。

あ、あと特典映像で内村さんが「出川の映画を作ろう!だけめちゃくちゃ視聴率が悪かった」と言っていましたが、これって確かサッカーオリンピックと被ってたんですよね。
めちゃくちゃ面白かったのに。
これこそDVDに入れるべきだったのでは……。


あけましておめで!

(2011-01-01)
『うみねこ』って、いつのまにか店頭販売が大晦日から元旦に変更していたんですね。
と、いうわけでようやく3作品ゲット。

023.jpg


ちょい遅れましたが、これからプレイしますよん。

それにしても去年はオリジナルのミステリーAVGが豊作でした。
20月の『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』からはじまり11月の『ダンガンロンパ』までいろいろあって楽しかったなぁ。(ミルキィもいれれば12月まで)
今年もいっぱい独創性のあるものが出て欲しいし、ユーザーも目を向けるべき!
あ、でも4gemerのクリエイターさんインタビューを読む限り、作り手は新しいものに刺激を受けているようで安心。
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20101227002/

あとは市場が変わってくれればなぁ。あと専門誌の誌上も。(2011年初ダジャレ)


日記をブンブン書こう!

(2010-10-18)
ブンブン書きます。
最近の思い出編。

・『ダンガンロンパ』体験版
http://www.tsutaya.co.jp/game/ms/dangan/taiken01.html

登場キャラクターが多いですが、そこを「超高校生級の●●」(●●=ギャンブラー、格闘家、同人作家etc)というわかりやすいキャッチコピーで補っている点がお見事。性格もトんでいるのですぐに覚えられると思います。

1643568_807576487_25large.jpg
沢城みゆき演じる文学少女が予想以上に根暗でビックリ。

643568_807576473_19large.jpg
そして、さくらタンには勝てる気がしない。生身の殺し合いじゃなくてよかった。

ゲームシステム自体は“部屋を探索→議論で相手の矛盾に証拠をぶつける”というオーソドックスなものですが、演出やグラフィックがオリジナリティにあふれているので目を引きます。
探索パートでは△ボタンを押すと調べられる場所が表示されるので、つまづくことがないのが嬉しい。
そして、フルボイスで展開する議論パートですが、明らかに間違った意見であっても賛同する人間が多いとその方向に進んで行ってしまうのは、いかにも“学級裁判”らしい怖さがあり、面白いと思いました。

製品版も楽しみ。
あ、ペラペラのキャラクターはパラッパラッパーみたい。



・劇場版カイジ
テレビで放送するとこのことで、録画して観てみましたが意外と悪くなかったような……?
ただ、カイジも船井もフェイス的に格好良すぎて、“社会の底辺”という感じはしなかったのが残念。
643568_807223400_220large.jpg 643568_807229283_221large.jpg
 
643568_807223395_210large.jpg
利根川さんもアニメ版よりはマシなような気がしますが、ちょっとカリスマ性を感じられないかも……。



というわけでカワチ的ベスト実写賞は班長役の松尾スズキさんとなりました。

643568_807223365_78large.jpg
おめでとう……。おめでとう……。



・ねんどろいど凜子

643568_806326521_134large.jpg
届きました。

643568_806326517_163large.jpg
これで3人そろいましたよ。よかったよかった。




・1人前用土鍋を買いました

643568_807223383_89large.jpg
¥480
主に蒸し料理用。
後から気が付いたのですが、最近は「タジン鍋」が流行っているらしく、そちらでも良かったかも……。


リンク
最近のコメント
ブログ内検索
Twitter
QRコード
QRコード
最新トラックバック
RSSリンクの表示
応援スペース


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

『STARLESS』2011年5月27日に発売予定!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。