スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ラブライブ!』のアニメに思うこと

(2013-04-01)
「ラブライブ!」……ダメ人間向けのご褒美アニメだと思っていたのにこんなにハマってしまうとは。
息の長いコンテンツだとどうしてもファンの期待に応えようとして閉じた世界になってしまうものだけど、このアニメは「一緒に盛り上がりませんか?」というスタンスが根底にある気がして観ていて心地よかった。
ストーリーラインを練ったシリーズ構成の花田十輝さんをはじめとしたスタッフの舵取りがお見事。

あと、普通に見ていると見逃してしまう可能性があるが、この作品の大きなポイントはその「一緒に盛り上がる」という世界観の提供の仕方にある。
作り手と受け手の“同調”は、なげやりのギャグを視聴者にわざとツッコミをしてもらうなどといったわかりやすい手法ではなく、スクールアイドルの“全力”をまず観てもらい、それに同調したファン(視聴者)が“全力”で彼女たちを応援するという形になっていた。
これはアニメのプロとして完成品を作りつつ、ファンにも作品を補完してもらうという新しいスタイルを作っていたと思う。
ニコニコ動画のコメントを意識したアニメが先細りになっていると感じていただけにこの手法に気付いたときはショックだった。
また、アイドルがリアルタイムにファンを増やしていくという作品の状況と照らし合わせるとテーマが繋がって面白かったりもする。
劇中における挿入歌PVの挟み方も絶妙だった。
これらがドラマの中で生まれた歌だからこそより感情移入して応援できたし、次はどの女の子がどんなメッセージを込めた歌唱/アピールをするんだろうというワクワクを感じることもできた。
全員がμ'sに加入したときにファーストPVを挿入するというのも上手い。
何度もやってしまうと前述の“閉じたコンテンツ”になってしまう恐れはあったけど、最初で最後の大きなサプライズとしてとても良い方向に傾いたと思う。
また、そのサプライズを8話まで温存していたのもニクイ。


そして、この作品はスクール(学園)が舞台というのもじつは大きなキモになっていると思う。
学園生活というレンズ越しに覗くと、彼女たちが派手に笑ったり泣いたりするシーンもまったく嫌味がなかった。むしろキラキラと輝いて眩しくさえあった。
新人の声優さんを多く起用し、フレッシュさがあったのも相乗効果があったのではないかと思う。
単純に彼女たちの日常を観ているのが楽しく、じつはこれが何より視聴者を幸せにしていたんじゃなかったのかなと感じている。


さて、アイドルの卒業ソングといえばポップで明るいものが定番だが、このアニメの最終回も「START:DASH!!」という前向きな曲でフィナーレを迎えた。もちろん穂乃果たちに会えなくなってしまうという一抹の寂しさもあるが、“ライブ”というのはそういう別れを抱えるから心に刻まれるものだ。それにアイドルとして走り出した彼女たちのエネルギーは無限大。すぐにどこかで会えるだろう。
今は9人の最高の笑顔を胸に明日も元気に頑張ろうと思う。



喜びを受け止めて 君と僕進むだろう
それは(それは) 共に(夢の)
欠片(だけど)
愛しい欠片
彼方へと…僕はDASH!!
スポンサーサイト


涼宮ハルヒの消失購入

(2010-12-20)
今日は秋葉原で行われた「ぎゃる☆がん」の体験会を覗いてきました。
絶えず20人ぐらいの人が並んでいて、なかなか盛況。よかったよかった。

643568_907131478_63large.jpg

ミルキィホームズカーが駅前を走っていたのですが、見かけるたびに笑いが込み上げてきてしまって困った。
先日の駐禁ネタもそうですが、運転しているのがおじいさんというのもポイント。

IMG_0128.jpg
面白いことは面白かったけど、過去のアニメシリーズの動画を使ったりして、もうちょっと長門が世界を改変するまでの葛藤をめがっさ描いて欲しかったかなぁ……。
でもまぁ、消失長門が可愛かったからいいか。

昔、「長門なんてクンニしても喘がない女のどこがいいんだ」と言われて憤慨したことがありましたが、消失長門のさりげない感情の機微とかを見て「あぁ、こういうドキドキなのね」とそちら側の萌えを理解しました。まぁでも理解したうえでも、いつもの長門のほうが好きですが。


IMG_0129.jpg
とらのあな特典タスペクトリー

ゲームを3本購入。
IMG_0131.jpg
「魔界戦記ディスガイア3」、「3Dドットゲームズヒーローズ」、「お姉チャンバラX」。
「魔界戦記ディスガイア3」はアップデートでトロフィー機能に対応していたので(PS3の全ゲームがこのアップデートすればいいのに……)。

とりあえず100回ジャンプ達成のトロフィーを獲得したので、次は連続10時間達成をゲットしようと思います。


「とらドラ」

(2008-11-07)
「とらドラ」第5話&第6話。
http://www.starchild.co.jp/special/toradora/

表は天使、中身は腹黒、川嶋さん登場の回でした。

CIMG1344.jpg
↑ある意味、ツン

CIMG1345.jpg
↑ある意味、デレ

CIMG1346.jpg
↑ある意味、無関心


キャラクター的には面白いのに、脚本や演出で彼女を生かしきれていなかったかなという印象。
この回に関しては、川嶋さんの表情をコロコロ変えてもっとドタバタやったほうがよかったのかなと。
尺が足りないのならば、いっそ、前、中、後編の3編に分けて描いてもよかったのではないでしょうか。


今回の残念の人
CIMG1347.jpg


またもや、はっちゃけすぎ。
CIMG1348.jpg

CIMG1349.jpg


なんと言いますか……お前が川嶋さんより上手に二重人格をやってのけてどうする。


まぁ、川嶋さんはヤンデレヒロインで頑張ってもらうということで1つ。
CIMG1351.jpg

しかし、第6話のオープニングを見る限りでは、どちらかというと弄られキャラのような気も……。
CIMG1350.jpg

「とらドラ」ってストーリーを急ぎすぎて、今のところキャラ遊びがしっかり出来ていない印象があります。
せっかく主要キャラも揃ったので、次週以降はもうちょっとそれぞれの魅力を引き出して欲しいなぁ……と思う所存。


アバドン王

(2008-10-24)
仕事帰りに新宿へ寄ったら「葛葉ライドウ」シリーズの新作が売っていてときめいたのですが、お金がないので買えませんでした。
「オレ、この仕事のお金が入ったら人修羅と戦うんだ……」

お金が無いといえば、ノートPCを無線LANで繋ぐ手続きをしようと思ったのですが、月に5,000円もかかるらしく諦めました。
どこでもネットができるようになればすごく便利になると思ったんですけどね。
まぁ、30歳が過ぎて、そのとき仕事が軌道に乗っていれば考えますわ……。


ガキの使い
CIMG1303.jpg
遠藤たけし

遠藤さんが1時間ずっとタケシさんのモノマネをする企画。
松本さん「タケシさん自身もやったことないですからね」


さまぁ~ず
CIMG1304.jpg

防犯ライトを潜り抜けながらお宝を目指すキャッツアイ企画。
ゲストはBOOMERの伊勢さん。


とらドラ!
http://www.starchild.co.jp/special/toradora/

CIMG1306.jpg
「そそられるぜ!」

インコちゃんが出るたびに、ふたばで貼られた後藤沙緒里さんが泣きながら演じている漫画を思い出して笑ってしまう ことでおなじみの「とらドラ」。
今日も実乃梨はバカでした。


CIMG1305.jpg
「ひぃぃいいい~! と思わせて~フェィント~♪」

先生、怯えすぎ伝説。
威厳のカケラも無い!


ヒャッコ
http://hyakko.jp/

CIMG1308.jpg
美術の話

いつみても、この歩巳はコケティッシュすぎる。
どうしよう、おっぱいが大きすぎるよぉ。


CIMG1307.jpg
委員長は本当にバカだなぁ(ホメ言葉


FFは焦燥感


最近のニコニコ動画はRevinさんのFF3実況プレイを見ています。
過去に「学校であった怖い話」を実況されていた方ですね。
浮遊大陸を出たときのコメントが「この焦燥感こそがFF」「守るべき世界がなかったときの絶望」など、当時のプレイヤーの思いが詰まっていて熱かったです。

そして、原点回帰がテーマであるはずの「Ⅸ」に自分が感じた違和感も判明しました。
あの世界には焦燥感がなかったのだなぁ、と。
自分が求めていたものはファンシーではなく寂しさだったんですね。

てなわけで、Revinさんに触発されてDS版を再開。
学者がカワユス。
CIMG1310.jpg

どうでもいいけど、小人で進まなきゃいけないダンジョンは本当にめんどくさいな!

2回目があるのをすっかり忘れてました。
脳筋の自分にはキツイ仕様です。

tag : ガキの使い さまぁ~ず とらドラ! ヒャッコ FFⅢ



おかえり、干和(ほしかず)先生!

(2008-10-17)
いつのまにか「ぱにらじ」スタッフによる新しいネットラジオが始まっているんですが!?

斎藤千和・無責任編集 ~週刊うらGおふぁんたじー
http://www.animate.tv/digital/web_radio/ura_gfan.html

うはー。
また斎藤さん&スタッフさんによるキ●ガイじみた番組が聞けるとは嬉しい限り。
て、いうか1ヶ月前からすでに始まっていたんですね。
気付いたのが第0回のアーカイブが消される直前だったので、ギリギリセーフでした……。

それにしても、「ぱにらじ」の終焉からもう2年も経つんですな。
うーん。そんなに経ちましたっけ?
なんか、年月の感覚は年と比例してだんだん短くなるらしい(体感的には17~19歳ぐらいですでに人生を折り返しているとか)ですが、それにしたってこの2年の早さは異常です……。
とはいっても、「うたわれるものらじお」よりも前と考えると、それぐらいは経っているんでしょうね。

まぁ、今回もガッツリ楽しませていただきたいと思います。

img_popup02.jpg



hosikazu.jpg

干和(ほしかず)!



CLANNAD AFTER STORY」第3話
http://www.tbs.co.jp/clannad/

春原の話の続き。
今回は割りとシリアス多めでした。

CIMG1278.jpg
「それと便座カバー♪」


CIMG1277.jpg
なにこのバカップル。楽しそうすぎる。


田村ゆかりのすごい○○
CIMG1285.jpg

前回の早苗さんから一転、今回はロリ満開。
田村ゆかりの本気を見させていただきました。
「お兄ちゃん♪」は破壊力抜群。

CIMG1279.jpg
放送を観ていたオタク全員がこうなっていたのではないでしょうか……。
田村ゆかりの妹キャラは強力だ。

そして、藤林姉妹&ことみにロリがバレる神シーン。
CIMG1280.jpg

このシーン大好き。
何が好きって、藤林姉妹がきちんとことみと友達でいてくれているところ。
いや、学校内で仲良くしているのは当たり前なのですが、それ以外でもきちんと付き合いがあるんだなぁって。
このストーリーが本編からの続きと考えると、とても感慨深いシーンです。

CIMG1281.jpg

冷静に分析することみと本気で怯える椋が面白い。ていうか、何も泣くことないだろ、椋。
CIMG1282.jpg
「芽衣ちゃんにお兄ちゃんって呼ばせてるの。とても興奮していたの」
ことみのすごい分析力。(主に性の

「バカがうつる! 逃げるわよ!!」。何気に杏がことみをフォローしながら逃げていくところとか芸が細かいです。
てか、逃げるシーンだけで無駄に作画枚数スゲェ。
CIMG1283.jpg



そして岡崎さんはロリの国に旅立ちましたとさ。
CIMG1284.jpg

「行こうぜ、芽衣」
CIMG1286.jpg



てのは、ウソですが、この話がまだ続くんですね。
まさか、春原の話で3週も引っ張るとは思いませんでした。



夜桜四重奏」第3話
http://www.tbs.co.jp/anime/yozakura/

CIMG1274.jpg
「十の段、大花火!」


第3話は夜桜のストーリー中でトップクラスにせつない話。
前半がほのぼのしているだけに後半の展開がやるせないですね。
また、この話で、いよいよ敵(円神)が明確になってきました。
アニメから入った人は、OPからのあまりの変貌にビックリしているのではないでしょうか。

CIMG1288.jpg
キラキラ

CIMG1289.jpg
ギラギラ



「ガキの使い」のガースーの名言に「ラーメンと動物は視聴率を上げるんだなぁ」がありますが、今回の夜桜には両方出てきましたね。

CIMG1287.jpg
視聴率は上がったのかしらん?



CIMG1276.jpg
桃華さんお尻見すぎ伝説


CIMG1275.jpg
じゅりさんエロすぎ伝説



428」体験版終了。
http://chun.sega.jp/428/

CIMG1271.jpg
Wiiということで画質のクオリティには期待していなかったのですが、プレイしてみると思ったよりもキレイ。
物語もサスペンスタッチでいい感じ。
「街」のコメディっぽいのも大好きですが、「428」の緊迫感あるストーリーも先が気になっていいですね。

CIMG1272.jpg
インターフェイス周りもセンスあります。

CIMG1273.jpg
タマかわゆす。

残念ながら体験版では亜智と加納しかプレイできませんでした。
主人公選択画面に登場したときは「もしや……!?」と思ったのですが、デモだけで終了でした。
ま、体験版ですしね。製品版が楽しみ。

tag : 斎藤千和 千和 干和 CLANNAD 夜桜四重奏 428



リンク
最近のコメント
ブログ内検索
Twitter
QRコード
QRコード
最新トラックバック
RSSリンクの表示
応援スペース


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

『STARLESS』2011年5月27日に発売予定!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。