スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月姫小説

(2008-04-20)
2008042023070000.jpg
続きです。




朝の通学途中、遠野志貴はシエル先輩を発見した。
「先輩」
「あ…遠野くん」
いつもは明るく返事をするシエルだったが、今日は何処か影があるように見える。
「どうしたんですか? 元気ないですよ?」
そう言って志貴はシエルの肩を叩く。

ポン!

ポテ。

シエルはそのまま卒倒してしまった。
「先輩、大丈夫ですか!! 貧血ですか!?」
シエルを抱きかかえる志貴。
「遠野くん、私…私……」
志貴の耳元でシエルが囁く。
「な、なんですか。先輩」
「私…あなたに会えてよかったです。ガクッ」
「先輩~~~~!!…って」
ポリポリと頭を掻く志貴。
「仮にもこないだまで不死身だったヒトがそんな簡単に死ぬわけないでしょ。っていうか、そもそも口で“ガクッ”とか言ってたし。ホラ、起きて下さい」
「う~。遠野くん、冷たいです。私、動けませんので、お姫様抱っこで連れていって下さい」
「くだらないこと言ってないで。いいかげんにしないと遅刻しちゃいます」
志貴は殺人者が死体を移動させるように、ズルズルとシエルを引きずりながら校門へと向かった。



【世界中のカレーを集めても君の微笑みにはかなわないⅡ 】



「でも、本当にどうしたんですか? いつもの先輩らしくもないですよ」
なんとかシエルを起たせたあと、肩を貸して歩く志貴。
「いや。もうボロボロなんですよ。私」
「お嫁にいけないぐらい?」
「はい。遠野くんが毎晩、毎晩、前から後ろから激しく私を…」
「わー! わー!」
「……先にボケたのは遠野くんですからね」
「ごめんなさい。真面目に聞きます」
シエルはコホンとセキ払いをしてから話はじめる。
「……そうですね。体よりは心のほうがボロボロなのかもしれません。このままでは、肉体が朽ちるよりも精神崩壊するほうが先でしょう」
「先輩、いったい何が…」
志貴がゴクリとノドを鳴らした。
「私、もう“カレー断ち”してから一週間も経つんですよ!!」

キンコーンカンコーン。

「あ。チャイムだ。それじゃ、先輩また後で」
志貴は何事もなかったかのように歩きはじめる。
「授業と私とどっちが大事なんですか!?」
志貴の腕をハシッと掴むシエル。
「…っていうか、まだ一週間じゃないですか。一ヶ月なんてまだまだ先ですよ」
「フフフ。解っていませんね。はじめてから一週間目ぐらいが一番ツラいんです」
眼鏡をクイクイと上げながら学者のように答えるシエル。
「そんなに勝ち誇ったような顔をされても」
「そういうわけなので、早急に私を助けてください」
「いや、だからそんなこと言われても…そうだ、いっそギブアップしちゃうのはどうですか?」
「そ、そんなことしたら、あのアーパー吸血鬼になんて言われるかわかりません!!」
「じゃー、ハヤシライス食べて我慢するとか」
「そんな妥協は私のプライドが許しません。というか、そもそもカレーが許してはくれないでしょう」
「カレーの映像を見ながら、白いご飯だけを食べるとか」
「真面目に考えて下さい」
「……」
「……」
「あ、カレー食べてるインド人だ!」
突然シエルの後ろを指差す志貴。
「え? 何処ですか!?」
素早く振り向くシエル。
「いないじゃないですか…って逃げてるし!」
シエルがもう1度振り返ると、志貴は全力疾走で学校に向かっていた。
「それじゃ~先輩~、また、後で~~」
「待って、待って下さ~い!!」
シエルはその場に崩れ落ちた。


昼休みの教室。
「んで、シエル先輩を置いてきちゃったわけか」
志貴はクラスメートの乾有彦と話していた。
「まーね。俺まで遅刻するわけにはいかないし」
「うむ。お前にしては懸命な判断だ。…では、俺はそんな先輩を介抱して“2人の恋は始まっちゃった作戦”を開始するんでヨロシク」
わけのわからないことを言う有彦。
「浅はかな行動はやめろって。それより早く学食に行こう」

「と~お~の~く~ん」
「うわ! 先輩!!」
テーブルについて、いざラーメンを食べようというときシエルに声をかけられた。
「よくも私を見捨てましたね! あれから私がどれだけ苦労して教室まで行ったと思ったんですか!?」
「い、いや。それは」
口篭もる志貴。
そこにカレーうどんを啜っていた有彦が割って入る。
「あ~。それは嘆かわしい~。薄情な男もいたもんだ~。…それはそれとて、シエル先輩、あなたの心の友にして、そろそろあなたのハートハンターにジョブチェンジしちゃうんじゃないか的な存在、乾有彦をお忘れなく」
「あ、どうも有彦くん。……って」
「え?」
「私の前で何を食べてるんですかー!!!」
そう言って泣きながらテーブルを思いっきりひっくり返すシエル。
志貴は女性がちゃぶ台返し(ちゃぶ台じゃないけど)をするところをはじめてみた。
「あっちー!」
有彦の全身にカレーうどんがかかった。
「あ、有彦! 大丈夫か!?」
急いで有彦にティッシュを渡す志貴。
「と…遠野くん」
「え? 何ですか、先輩」
志貴はシエルに呼ばれて振り返る。
有彦はまだ飛び跳ねていた
「私、とうとうカレー人間の幻影が見えるようになってしまいました」
シエルはゆっくりとカレーまみれの有彦を指差した。
『アンタが原因だッ!!』
志貴とカレー人間、もとい有彦、2人の声がハモった。


そして放課後。
志貴はシエルを引きずりながら帰宅していた。
「ホラ、きちんと歩いてくださいよ」
「うー」
シエルは呻き声をあげている。
「志貴様―」
「翡翠。こんなところで何してんの?」
突然、後ろから翡翠に声をかけられた。
「姉さんに頼まれて買い物へいくところです」
「珍しいね」
「そう…かもしれないですね」
翡翠は、はにかむように微笑んだ。
「んで、何買いに行くの?」
「香辛料など……カレーの材料です」
「カレー!?」
志貴は驚いた。
琥珀さんは、ちゃんとした料理じゃないという理由でカレーを否定していたはずだ。
「秋葉様の許可を頂いたのでみなさんを呼んでカレーパーティを開…」
「翡翠?」
気がつくとシエルが両手で翡翠の頬をムニーッと引っ張っていた。
もちろん(表面上は)動じない翡翠。
「何やってるんですか!? シエル先輩!」
「だって、このヒトが呪われた単語をー 単語をー」 パチンッ。プルプル。
無理矢理シエルの手を翡翠の頬から離す志貴。
「カレーパーティを開くそうです」
翡翠は何事もなかったように続けた。
「琥珀さんが考えたの?」
「いえ、志貴さん自身が前に提案したことです」
「そういえば、確かにみんなでカレーを食べたらキャンプみたいで楽しいだろうとは言った覚えもあるが、このタイミングでカレーとは……」
「そういうことで、乾様など、志貴様の友人には招待状を出しておきます。…その、もちろんシエル様にも」
上目遣いにシエルを見る翡翠。
元々、人見知りする性格のため恥かしいのだろう。
もしくは、いきなり頬をつねられたから警戒しているのかもしれない。
「……そ、そうですか」
名前を呼ばれたシエルが生返事をする
「カレーお嫌いでしたか?」
「大好きです」
そこだけは、きっぱり断定。
「では、招待状は送らせて頂きます。それでは志貴様、そろそろ私は失礼させていただきます」
「あ、ああ…」
翡翠はテクテクと歩いていてしまった。
頬をさすりながら。

「どうするんですかー!! 遠野くん!!!」
いきなりシエルが叫びだした。
「…どうするって言われても…キャンセルしたらどうですか?」
「そんな! 私だけ仲間はずれですか!?」
「いや、だってシエル先輩はカレー断ちしてるわけだし」
「こうなったら、例えカレーを食べられなくても参加します! 意地でも参加します!!」
「そ、それは…。今日だって有彦のカレーぶちまけてたし」
「では、遠野くん、パーティで会いましょう!!」
そう言うと、シエルは走り去っていってしまった。


志貴は思った。
何だ、シエル先輩、充分走れるんじゃないか、と―――。


続く





“続く”って書いてあるけど、当時の僕はこの続きを書かなかったみたいです。
だからこの物語はここでおしまいなのです。
スポンサーサイト

tag : 月姫 TYPE-MOON



ガチで月姫が好きです

(2008-04-20)
2008042021210000.jpg


部屋にもずっとポスター貼ってます。僕の青春です。僕の青春篇です。(かまいたちの夜2)
てなわけで、専門学校時代に作った小説第2弾。授業受けずにこんなんばっかり書いてました。




遠野志貴はシエルのアパートで夕食をご馳走になっていた。
「もう、カレーはいいんです!」
突然、シエルがテーブルを叩いた。
「飽きたんですか?」
突然の出来事に、やや怯えながら尋ねる志貴。
「飽きるわけないじゃいないですか!!」
どうやらカレーに飽きたわけではないようだった。
「食べないんですか?」
ならば……満腹なのかもしれない。
シエルの食べかけのカレーピラフを自分のところへ移動させようとする。
「食べますよ! 大好きですよ!!」
思いっきり手をはたかれた。
「……それは知ってます。シエル先輩って言ったらカレー、カレーって言ったらシエル先輩っていうぐらいのイメージですからね」
志貴がボヤく。
「そう! それが嫌なんですよ!」
そう言うと、シエルは志貴をビシィッと指さした。
「は?」



【世界中のカレーを集めてもキミの微笑みにはかなわないⅠ】



「私をカレー博士だの、弓と書いてカレーと読み、転じてシエルになるとか言ったり、竜造寺淳平だとか言うのは止めてくださいッ!!」
志貴は竜造寺淳平って誰のことだ? …という疑問は置いておくことにした。
「お、落ちついてください! えっと、つまり先輩は何が言いたいんですか?」
「女の子に対して、清純なカレーのイメージがするとか言うのは失礼だと思うんですッ!」
志貴は清純なカレーって何だ? …という疑問も置いておくことにした。
どうやらカレーのことしか考えてないみたいに思われてるのが嫌なようである。
「しょうがないんじゃない? シエルってば、なんかいつもカレー臭いし」
「アルクェイド、あなたは黙って……って何処から入ってきたんですか!」
いつのまにかアルクェイドがイスに座っていた。
「窓から、こんにちは」
窓を指差してにっこり笑うアルク。
よく見ると彼女は土足だった。
「……でていきなさい」
シエルはプルプル震えながら玄関を指差す。
「まーまー。何でアンタがカレー臭いのか教えてあげるから」
手をプラプラ振りながら、あっけらかんと言うアルク。
「カレー臭くなんてあり…」
「アンタ、昨日の夕飯、なに食べた?」
反論しようとするシエルにアルクが質問する。
「チキンカレーです」
渋々、答えるシエル。
「一昨日は?」
「シーフードカレーです」
「その前は?」
「ポークカレーです」
「ほらね」
アルクが肩をすくめる。
ちなみに志貴はシエルを見て苦笑いしている。
「何が“ほらね”なんですかッ!!」
訳が解らず声を荒げるシエル
「カレー食べすぎよ」
その一言にハッとなるシエル。
言われるまで気付かなかったようだ。
「た、たまたま偶然が重なっただけです」
慌てて弁解するシエル。
「あきらかに必然だと思いますけど」
志貴が半眼で答える。
「スーパーがカレールーの特売日だったんですよ!!」
「ふーん。ところで昨日のおやつは何を食べた?」
「えっと、“カール”です」
「何味?」
「ガーリックカレー味です」
「一昨日は?」
「“スーパーおっとっと”です」
「何味?」
「スパイシーカレー味です」
「その前は」
「“ばかうけ”です」
「何味?」
「中辛カレー味です」
「ほらね」
やっぱり肩をすくめるアルクとやっぱり苦笑いの志貴。
「だからッ! 何が“ほらね”なんですか!!」
そして、やっぱり怒るシエル。
「全部カレー味じゃないのッ!」
「ハッ!! そう言えば!!」
そして驚くシエル。
「いや。気付くでしょ。先輩。普通」
“オイオイ”と手を振る志貴。
「うぅ…。私に流れる血がいけないんですー。この呪われた血がぁー」
シエルは『よよよ…』と言いながら、しな垂れてしまった。
「っていうか、血のかわりにカレールーが流れていそうだけどね」
そんなシエルを見ながら飽きれたように言うアルク。
「だから、変なイメージを作るのは止めてください!!」
ガバッと起きあがってアルクの胸ぐらを掴むシエル。
アルクはその手を払いのけて、真剣な眼差しでシエルの目を覗きこむ。
そして……言った。
「シエル! アンタ、これから一ヶ月間カレー断ちしなさい」
固まる空間。
「そ、そんなことできません!!」
ハッとなり、すぐさま反論するシエル。
「カレー女のまま、アニメをスタートさせていいの!? ケイン・コスギとバーモンドカレーのCMにでも出るつもり!!?」
アルクは、シエルの肩を揺すりながら一気に捲し立てた。
「……うぅ」
シエルは俯いてしまった。
「どうするの!?」
「……」
「逃げてるままじゃ何も始まらないわよ!!」
「……やります」
静寂した部屋にポツリと声が漏れる。
「え?」
「私、カレー断ちします!!」
そこにあるのは、単なるカレー好きの少女の顔ではなく、凛々しい戦士の顔だった―――。


続く






本当に続きます。

tag : 月姫 TYPE-MOON



リニューアル『月姫』 発売記念

(2008-04-20)
専門学校生のときに僕が作った月姫の二次小説です!



俺は朝から妹の秋葉と全力疾走していた。
別にそういう趣味だからではない。
と、いうか、そんな趣味は聞いたことがない。
走らなければならないから走っているのだ。
「急げ、秋葉! 遅刻するぞ!!」
「誰のせいでこうなったと思っているんですか!?」
寝坊した俺に対して、秋葉が思いっきり非難の声を上げてくる。
「っていうか、用意が済んでたなら、秋葉だけ先に行っていればよかったじゃないか!」
「……」
「……」
あ。何か危険な空気に。
「何かいいましたか? 兄さん」
「……別に。秋葉はいくつになっても甘えんぼさんだな、なんて言ってないし、思ってもいないよ」
ジト目で問い詰める秋葉に、俺は顔を背けてボソリと反論。
口喧嘩で秋葉に勝てるとは思えないが、兄として威厳を保たねば。
「……今度は8年ではなく、永久にお別れしなきゃいけないようですね」
「痛い、痛い! こんなことしてる場合じゃないだろ、早く学校に行かなくちゃ」
……秋葉の細い腕のどこにこんな力があるんだ?
「わかってます。と、いうより、兄さんが先に絡んできたんじゃないですか……」
「何だよ、それはちが……」
秋葉にもう1度文句を言おうと思って後ろを向いた瞬間。
「兄さん、前!」
「え?」



【恋愛衝動Ⅰ】



……どうやらよそ見していて、人とぶつかってしまったようだ。
「痛ゥ……。だ、大丈夫ですか?」
俺にぶつかった衝動で尻餅をついた女性に手を差し伸べる。
「イタタ。って、アレ? 志貴だー。ヤッホー」
「ア、アルクェイド。お前、何しているんだ? ……っていうか、咥えてるのパンか?」
ぶつかった相手は知り合いの吸血鬼(俺には吸血鬼の知り合いがいるのだ!)アルクェイドだった。
補足。いつもはパンを咥えていない。
「うん。食パン」
俺は手を引いてアルクを持ち上げる。
最強の吸血鬼のくせに、貧血少年とぶつかって倒れるとは。 晴天だから力がでないのか?
「……兄さん、このイベントは起きなかったことにして学校へ急ぎましょう」
事の成り行きを見守っていた秋葉が腕時計を見ながら俺に提案する。
「そうだな。じゃ、アルク、また放課後でな!」
「って、ちょっと待って、志貴~!!」
「ちょっと! 小汚い手で兄さんの手を握るのはやめなさい!!」 一生懸命、俺の手を引っ張るアルク(猫みたいでちょっとカワイイ)を無理矢理、引き探そうとする秋葉(般若のようで怖い)。
「誰が般若ですか」
やばい。心の声のつもりが、つい声にだしてしまった。
「そんなことより、アルク。何か用か? お腹空いてるのか? 翡翠に無理矢理作らせたクッキーならあげないぞ。レアアイテムだからな」
「いつのまにそんなことを……」
呆れ顔になる秋葉。
「そうじゃなくって! 何か芽生えない?」
大きく手を振って促すアルク。
「アナタへの殺意なら既に芽生えてます」
「もう! 妹はチョット黙ってて!!」
俺の変わりに秋葉が即答するが、アルクは納得しなかったようだ。(されても困るが)
「芽生えるって何が?」
「ホラァ……その~。なんていうか…恋、とか」
自分の手を弄りながら、上目遣いで問いかけてくるアルク。
『恋ィ~!!』
俺と秋葉の声がハモる。
「芽生えた? 芽生えた?」
アルクが下から覗きこんでくる。
「アルク」
俺はアルクの肩に手を置いてから……。
「ん?」
「お疲れ!」
全力で脱出!
「だから、待って~!!」
「あぁ! 小汚い体で兄さんに抱きつくのはやめなさい!! 私だって…兄さんにゴニョゴニョ」
とりあえず、めくるめく妄想が広がっているであろう我が妹は放っておいて……。
「何で、朝っぱらからお前に恋しなくちゃいけないんだよ」
「だって、昨日の夜に読んだ資料には……」
謎は全て解けた。
コイツ、恋愛漫画読んで影響されやがったんだ。
「資料っていうか、昔の漫画じゃないか」
「瀬尾じゃないんだから」
兄妹ダブルツッコミ。
「もう、何なのよ! 芽生えたの!? 芽生えないの!!?」
(うわ。逆ギレしましたよ。兄さん)
秋葉が耳打ちしてくる。
そりゃあ、見ればわかるんだけど。
「芽生えたよ、アルク。恋、はじまちゃったよ」
とりあえず、ここはアルクに合わせることにする。
「うわー。ホント? ホント? やったー!」
「やれやれ」
「それより、2人とも学校行かなくていいの?」
「あー! そうだった!!」
「もう、5分しかないですよ、兄さん」
「早く行ったほうがいんじゃない?」
焦る俺たちとは対照的に、ノホホンとしているアルク。
「誰のせいだと思っているんですか!」
「じゃーな、アルク!」
「うん。また後でね~」

予鈴は鳴ったが、担任はまだ来てないみたいだ。
ギリギリセーフ。
秋葉は間に合ったのかな?
廊下に立たされる遠野秋葉というのも見てみたい気もするが。
「どーした? 遠野。やけに疲れてるな。寝不足か?」
早速、悪友の有彦が絡んでくる。
「いや。朝から恋しちゃってて」
「ハァ? 何言ってんだ お前?」
「別に」
「そんなことより、今日、ウチのクラスに転校生が来るらしいぜ」
「へー」
そんな会話をしているあいだに担任が教室に入ってきた。

「今日はホームルームの前に転校生を紹介します。キミ、入ってきなさい」
……そうだ。俺は忘れていた。
登校途中にぶつかった主人公と美少女がどうやって再会するかを……。
「はじめまして♪ アルクェイド=ブリュンスタッドです。よろしくお願いしまーす」
別れ際、彼女は確かにこう言ったのだった
『また後で』と。


悪夢はまだまだ終わりそうにない……。







何がしたかったのでしょうか。僕は。

tag : 月姫 TYPE-MOON



リンク
最近のコメント
ブログ内検索
Twitter
QRコード
QRコード
最新トラックバック
RSSリンクの表示
応援スペース


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

『STARLESS』2011年5月27日に発売予定!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。